スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
温室のこと。

060115.jpg

この前の温室。

上段:ヒョウモントカゲモドキ 左レオ 右レン

中段:チームツノガエル 上ベル 左天高 右クラエル
   後イエコSS 右イエコS

下段:左ザリーズ前からちびちびー ちびサニー ザリサニー
   右イエコM

となった。これで場所移動はない。…新入りでも来ない限り。

上段は昼間25度~28度。保温電球(夜間用だが昼もつけてる)を消すかビニールカバーのファスナーを開ける、さらにカバーをめくりあげることで温度調節。(部屋はヒーター使用)
中段は23度~26度。ピタ適や電球の強制的な温度を受けないので天候に左右されやすいっぽい。カバーの有無で調節。
下段は温度計もなく、放置…。丈夫だしさ。

ペラいカバーだが威力発揮してるようだ。
あ、さらにカバーの内側にダンボールで背面と側面の後半分を覆ってある。
その上温室の後ろにもダンボールを1枚。夜間は左側面にも。

上段の保温電球は100均の突っ張り棒をはさんで設置してあるが強度が不安なので温室の屋根部分の棒からも、ヒモでつるしてある。

いいとこは一括収納、高さが140cmと目線より低いところ。当たり前だが保温できるとこ
悪いとこは奥行きありすぎとカバーがちゃちくて中が見づらいとこ。

レオとレンの真ん中がピタ適なくても電球どんぴしゃで上段とゆーこともあり非常にあったかいのに、なにもいなくてつまらない。
レオとレンの上もあいてる。
軽い小さいプラケで飼育できる、適温26度~30度くらいのキモいやつらはおらんかのぅ…。

スポンサーサイト
01/15 21:33 | 飼育環境ほか | CM:4 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://strangequark.blog37.fc2.com/tb.php/77-b3924d8e
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 粒子 All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。